関連ニュース





ワックス脱毛 大阪
スポンサーサイト
関東学生陸上競技連盟は17日、第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(来年1月2、3日=読売新聞社共催)に出場する関東学生連合チームの16選手を発表した。14日に行われた予選会の結果を踏まえ、個人20位に入った東大の近藤秀一(3年)、同36位だった専大の長谷川柊(2年)らが選ばれた。3年連続選出の近藤は過去2大会続けて補欠に回ったため、今回出場すれば東大の選手では13年ぶりとなる。監督は、日大の武者由幸駅伝監督が務める。関東学生連合のメンバーは1校1人に限られ、本大会ではオープン参加のため、タイムは参考扱いとなる。2017年10月17日20時12分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

東大の近藤、3年連続で関東学連チームに選出
東大の近藤、3年連続で関東学連チームに選出
東大の近藤、3年連続で関東学連チームに選出

レンタルサーバ比較一覧



関連ニュース





ネット広告一覧比較

求人 就職

関連ニュース




1位でゴールする桜美林大のレダマ・キサイサ(14日)=栗原怜里撮影49校が出場した14日の第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会で、帝京大がトップ通過を果たし、10位東京国際大は1分31秒差で11位日大をかわした。予選会は各校12人までが出場。上位10人の合計タイムで争い、10校が来年1月2、3日の本大会出場権を獲得した。個人1位争いは、レダマ・キサイサ(桜美林大)が制し、日本人では畔上和弥(帝京大)の7位が最高だった。2017年10月14日17時23分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

個人1位はキサイサ、日本人は畔上の7位が最高
個人1位はキサイサ、日本人は畔上の7位が最高
名門・中大が突破、日大・明大敗退…箱根予選会

現金化 比較
プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ