青学大、初の総合Vなるか…箱根駅伝・復路展望

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走(読売新聞社共催)の復路は3日午前8時、箱根・芦ノ湖駐車場前からスタート。東京・大手町の読売新聞社前までの5区間109・6キロで争われる。各チームとも往路に実力者を多く投入していて、復路では選手層の厚さが問われる。往路トップの青学大は、原晋監督が「誰が10人に入っても戦える」と話すなど、自信を持つ。主将で1万メートル28分台前半の記録を持つ藤川(4年)が補欠で控えていて、万全の状態で出場できるのなら、他選手に精神的ゆとりをもたらすだろう。2位明大との差は4分59秒。初の総合優勝へ向けて、かなり優位に立った。追う明大は、1万メートル28分台の選手が補欠を含め4人控えるなど強力だ。前回、前々回と続けて終盤に失速していて、66年ぶりの優勝のためには、勝負所でのたくましさが不可欠となる。3位東洋大、4位駒大は7分前後の大差をつけられた。大逆転のためにも、早い段階で差を詰め、上位校に重圧をかけたい。10位までに与えられるシード権争いでは、8位の城西大から11位の拓大までが27秒差にひしめく大混戦。12位の日大も10位中大とは2分4秒差と射程内で、生き残りを懸けた激しい競り合いが期待される。午後1時半過ぎには、総合優勝チームがゴールテープを切るとみられる。各中継所の先頭通過予想時刻は以下の通り。小田原中継所8時58分平塚中継所10時5分戸塚中継所11時10分鶴見中継所12時20分2015年01月02日23時12分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

箱根駅伝往路のレース経過
箱根駅伝往路のレース経過
神野、驚異の1時間16分15秒…青学大往路V

トレーニング 名古屋
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ