実刑判決確定、さいたま市議選候補の届け出却下

さいたま市選挙管理委員会は10日、12日投開票の同市議選南区(定数9)に立候補した山口節生氏(65)について、被選挙権がないとして立候補の届け出を却下したと発表した。市選管によると、山口氏は供述調書を引き裂いたという公用文書毀棄(きき)罪で懲役8月の実刑判決が4日に確定し、本籍がある東京都港区に通知があったという。公選法は禁錮以上の刑を受けた者は、刑の執行が終わるまで被選挙権を有しないと規定している。同市南区の候補者は11人になった。2015年04月11日12時16分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

県議選告示後、立候補を却下…刑期終了の元市長
実刑判決確定、さいたま市議選候補の届け出却下
統一選、3割が投票時間繰り上げ…高市氏が苦言

ポイントサイト情報
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ