公明「全員当選」ならず…大阪市議選で競り負け

公明党は、道府県議選と政令市議選に計344人の公認候補を擁立したが、前回に続き、目標の「全員当選」は果たせなかった。2003年と07年の統一選では公認候補全員が当選したが、11年は大阪府議選と横浜市議選で各1人が落選した。今回は、定数が大幅減となった大阪府議選などを重点選挙に位置付け、山口代表ら党幹部が連日応援入りしたが、大阪市議選(此花区)で新人候補が共産党候補に170票差で競り負けた。山口代表は13日の記者会見で、「1人の惜敗はあったが激戦をほとんど制することが出来た。安定的な政権運営に資する」と述べた。2015年04月13日19時16分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

自民・公明・共産堅調、民主不振…統一選前半戦
得票同数、くじ引きで民主現職当選…熊本市議選
共産党が躍進、初めて全47都道府県議会で議席

就職関係の求人サイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ