女子W杯会見、FIFA汚職関連の質問が集中

【バンクーバー(カナダ)=西村海】サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)が連覇を目指す女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は6日(日本時間7日)に開幕する。米司法当局などの摘発に始まった国際サッカー連盟(FIFA)の混乱が続く中、4日にバンクーバーで行われた大会の公式記者会見では、汚職事件に関連する質問が集中した。記者会見には当初、FIFA側を代表してバルク事務総長が出席予定だったが、広報担当者は「スイスの本部に残らなければならない」と欠席理由を説明。ブラッター会長についても「何も決まっていない。大会終了までは時間がある」と、カナダ―中国の開幕戦(エドモントン)は観戦しないことを示唆した。2015年06月05日22時38分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

W杯初戦「なでしこ勝利」予想、ただし昨年は…
FIFA会長、事務総長は欠席…女子W杯開会式
「選手のコンディションいい」佐々木監督手応え

シングル発売日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ