なでしこ、決勝T進出一番乗り…次戦エクアドル

前半、ヘディングシュートを決める菅沢(左)(12日、カナダ・バンクーバーで)=時事【バンクーバー(カナダ)=西村海】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で12日(日本時間13日)、日本女子代表(なでしこジャパン)はカメルーンを2―1で破り、16強による決勝トーナメント進出一番乗りを果たした。グループリーグ2連勝で勝ち点6とし、C組の2位以上が決まったため。日本は6分にMF鮫島彩(INAC神戸)が先制、FW菅沢優衣香(千葉)が追加点を挙げて序盤で2点をリードした。後半は反撃されたが、終了間際の1失点で逃げ切った。日本の次戦は16日(同17日)、C組最終節でエクアドルと対戦する。2015年06月13日22時33分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

澤、史上初のW杯6大会連続…200試合出場も
PK得たプレーで安藤、足首骨折しチーム離脱へ
独、ノルウェーと引き分け…サッカー女子W杯

アニメ一覧
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ