「大量に筆跡似た票」点検印拒否で5時間超遅れ

10日の参院選では、各地の開票所で、開票の遅れなどのトラブルが相次いで起きた。宮城県富谷町では宮城選挙区の開票作業で、立会人の1人?メーカー公式ショップ一覧?点検印を押すのを拒んだため、開票管理者の町選管委員長が票を確定させる異例の事態となった。町選管によると、通常、票は3人いる立会人の点検印で確定とする。しかし、この立会人が「筆跡の似た票が大量にある」などとして点検印を押さず、長時間にわたって1票ずつ慎重に票の点検をするなどしたため、最終的に町選管委員長が公選法の規定を適用、確定を判断した。午後11時頃と見込んでいた確定が午前4時38分と5時間半以上遅れた。また、投票者数と票数が一致しなかったため、仙台市の宮城野区で約2時間半、青葉区で約4時間半にわたって開票が遅れた。青葉区では確定時間が翌朝の11日午前7時半ごろまでずれ込んだ。2016年07月12日09時15分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

参院選の野党共闘について自民・民進議員ら議論
低投票率で徳島知事「合区解消を議論すべきだ」
改革・山田太郎氏は29万票獲得も落選…比例選
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ