侍、準決勝へ前進…8-5でキューバに競り勝つ

2回無死1塁、グラシアル(奥)に逆転2ランを浴びた菅野(14日)=泉祥平撮影3回2死3塁、筒香が同点適時打を放つ(投手・バノス)(14日)=泉祥平撮影6回2死3塁、アラルコン(奥)に勝ち越し適時打を許す増井(14日)=泉祥平撮影6回1死1、2塁、小林が同点の適時打を放つ(14日)=伊藤紘二撮影8回2死1塁、山田が2ランを放つ(14日)=泉祥平撮影ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド1組(読売新聞社など主催)日本代表「侍ジャパン」-キューバ戦が14日、東京ドームで行われ、日本が8-5で競り合いを制し、2次ラウンド2連勝。準決勝進出に近づいた。日本は15日にイスラエルと対戦する。山田の先頭打者本塁打で先制した日本だがその後は、先発菅野(巨人)が4回7安打4失点で降板するなど、3度リードを奪われる苦しい展開。しかし、2打席連続適時打の筒香や2安打の小林の活躍などで、そのたびに追いついた。さらに八回、代打内川の犠飛で勝ち越すと、続く山田の2ランで8-5と突き放した。日本は平野(オリックス)-増井(日本ハム)-松井裕(楽天)-秋吉(ヤクルト)と継投し、九回は牧田(西武)が3人で締めた。日本は初回、3試合ぶりに1番に座った山田が、キューバ先発の右腕バノスから左越えにソロ本塁打。しかし二回、キューバは無死一塁から、5番グラシアルが甘い変化球をライナーで左翼席に打ち込み逆転した。三回、日本は先頭の山田が三塁線を破る二塁打。二死三塁から筒香が投手の足元を抜く中前打で追いついた。四回、菅野は先頭の4番デスパイネの中前打など3安打で一死満塁のピンチとなり、二死後9番メサに左前2点適時打を許し、勝ち越された。五回、日本は先頭の小林の左前打を足がかりに青木の二ゴロと筒香の中前適時打で追いついた。六回、増井は二死三塁から7番アラルコンに左前打を浴びて勝ち越された。その裏、日本は一死から、松田の振り逃げと秋山の四球で一、二塁として、小林が三遊間をしぶとく破り、同点とした。七回、松井裕は三者凡退に抑えた。日本は筒香が四球を選んだが無得点。八回、秋吉がデスパイネにこの日3安打目となる右前打を許したが、後続を断ち無失点。日本は敵失と秋山の左前打で一死一、三塁として、代打内川の右邪飛が犠飛となり、勝ち越した。さらに山田が左中間にこの日2本目の本塁打を放ち、3点差とした。九回、牧田は先頭のアラルコンから空振り三振を奪うなど、三者凡退で抑えた。日本の先発オーダーは、以下の通り。1番DH・山田(ヤクルト)、2番二塁・菊池(広島)、3番右翼・青木(アストロズ)、4番左翼・筒香(DeNA)、5番一塁・中田(日本ハム)、6番遊撃・坂本勇(巨人)、7番三塁・松田(ソフトバンク)、8番中堅・秋山(西武)、9番捕手・小林(巨人)2017年03月14日22時37分Copyright©TheYomiuriShimbun

関連ニュース

日本対キューバ戦第2部、平均視聴率27・4%
日本対キューバ戦第2部、平均視聴率27・4%
日本、千賀が先発へ…15日にイスラエル戦

求人就職支援サイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ