「安倍政権期待で株高、円安 市場失望なら年明けにも市場冷える」:イザ!

金融市場に強まる衆院選での政権交代期待から、株高、円安が続いている。19日の株式市場は9100円台を回復して約2カ月ぶりの高値を記録し、円相場は約7カ月ぶりの円安水準の1ドル=81円台後半をつけた。株価は衆院解散決定後、4営業日で500円近く値上がりした。ただ、株価や円相場の急激な変化には反動が伴うほか、今後は金融、経済政策の実行性が評価され、新政権発足後も中長期的な市場の安定が望めるかは不透明だ。株式や外国為替市場など、国内の金融市場には自民党を中心にした安定政権待望論が根強く、SMBC日興証券の野地慎・為替ストラテジストは「安倍晋三政権誕生への市場の期待は予想以上」と説明する。19日の東京株式市場も、終値が前週末比129円04銭高の9153円20銭まで上昇した。背景には、自民党政権が補正予算を編成し、本格的な景気対策を打ち出すとの期待がある。東京外国為替市場も政権交代に向けた動きを好感し、一時1ドル=81円59銭という4月下旬以来の円安水準になった。安倍氏が連日のように強力な金融緩和を求め、新政権発足後には、さらに円が売られるとの見方があるからだ。安倍氏は16日、政府による日銀総裁の解任権を盛り込む日銀法改正に言及し、17日には日銀が建設国債を引き受け、市場にお金を大量に流す金融緩和策を主張。19日も党本部で、「2~3%の物価上昇目標を設定し、無制限の緩和を求める」と持論を繰り返した。

関連ニュース

「日銀、決定会合で追加緩和を見送り 景気判断も前月を維持」:イザ!
中国人、身代金1億8千万資金洗浄か…容疑否認
車内に遺体、殺人容疑で同級生の男再逮捕…埼玉

レンタルサーバ一覧
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【「安倍政権期待で株高】

金融市場に強まる衆院選での政権交代期待から、株高、円安が続いている。19日の株式市場は9100円台

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ