バレンティン56・57号…プロ野球新記録樹立

1回1死2塁、バレンティンが今季56号本塁打を放つ(15日)=小林武仁撮影 プロ野球、ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)は15日、神宮球場で行われた阪神戦の一回、榎田大樹投手から今季56号本塁打を打ち、シーズン本塁打のプロ野球新記録を樹立。 三回にも同投手から、2打席連続となる57号本塁打を放った。 バレンティン選手は11日に55号を放ち、1964年の王貞治(巨人)、2001年のタフィー・ローズ(近鉄)、02年のアレックス・カブレラ(西武)の3人と並んでいた。 バレンティン選手「王さんは私の尊敬する偉大なパワーヒッター。王さんに並び、そして抜くことができた。特別な瞬間だ」 王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)「2試合にほぼ1本のホームランは驚異的なペースであり、『プロ野球新記録』といった話題も超越した、圧倒的な数字だ」(2013年9月16日00時26分読売新聞)

関連ニュース

イチロー、14打席連続無安打…米大リーグ
メッツ・松坂、7回1失点で昨年8月以来の白星
上原、日本人メジャー最長の26試合連続無失点

神戸
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ