河川敷に「タリーズ」オープン 東京都管理の隅田川沿い

 【白井伸洋】都が管理する河川敷で初めて民間活用されてできたカフェ「タリーズコーヒー隅田公園店」が7日、東京都台東区の隅田川沿いに開店した。 国や自治体が管理する河川敷には、公園など公共目的の施設しか作ることができなかったが、2011年に法律の一部が改正され、地元の同意があれば、民間事業者がボート場やカフェを作ることができるようになった。これを受け区では地元住民らと協議会を作って事業者を公募し、審査の結果出店が決まった。 同店は広さ約50平方メートル。対岸の東京スカイツリーの眺望が売りで、隅田川を行き交う船も見ながら飲食ができる。営業時間は午前9時から午後9時までで、台東区の観光情報も店内で見られる。

関連ニュース

ページが見つかりません:イザ!
名古屋高速、11月に全線開通へ 建設開始から42年
割り箸の袋になぜ鉄拳が… 川崎市内の学食で配布へ

ECサイト構築
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ