「米国に死を」時代遅れ?イラン標語に廃止論争

テヘランで9月28日、オバマ米大統領と電話会談したロハニ大統領に抗議し、街頭に繰り出した市民。旗には「アメリカに死を」と書かれている(AP) 【テヘラン=酒井圭吾】対米関係改善を模索するイランで、改革派や市民が30年来の国家的標語として使用されている反米スローガン「Death to AMERICA」(アメリカに死を)の廃止を求め、議論が紛糾している。 保守強硬派は猛反発し、ロハニ大統領の対米融和路線を巡る国論の二分化が浮き彫りになっている。 「一部の者が対米関係について異を唱えているが、これは国益を損なう活動だ」。イラン国会で20日、保守派のラリジャニ国会議長がこう演説すると、半数の国会議員が「アメリカに死を!」や「アメリカくたばれ!」と叫び、議場は騒然となった。高位イスラム法学者アフマド・ハタミ師も21日、「米国は害だ。反米スローガンの廃止要求は、忍耐のない証しだ」と演説した。 スローガン廃止を求めているのは、改革派や同派に近いラフサンジャニ元大統領ら。ラフサンジャニ師は9月末、ホームページで「死を望むスローガンは認められない。(前最高指導者の)ホメイニ師も廃止を認めていた」と記した自著の一節を掲載した。 国民人気が高く、ロハニ大統領も師事するラフサンジャニ師の影響力は強く、改革派各紙は連日、この問題を取り上げ、「関係改善が進む中、スローガンは消えるべきだ」(17日付シャルグ紙)と擁護。交流サイト「フェイスブック」でも、「時代遅れ」などと廃止を求める書き込みが多い。(2013年10月23日22時10分読売新聞).ypbox{clear:both;background:url(/g3/btn_yp_bk.gif)0100%repeat-x;border:solid1px#fedcdc;text-align:center;position:relative;margin-bottom:10px;border-radius:8px;-moz-border-radius:8px;-webkit-border-radius:8px;}.ypbox.rest{width:49%;float:left;}.ypbox.regist{width:49%;float:right;}.ypboxdiv{text-align:center;}.ypboxdivdiv{width:241px;margin:5pxauto10px;}.ypboxdivdivspan{display:block;background:url(/g3/_btn_yp.gif)no-repeat;height:30px;width:241px;text-indent:-9999px;}.ypboxdivdiva{display:block;font-size:100%;font-weight:bold;background:url(/g3/_btn_yp.gif)no-repeat;height:33px;width:241px;text-indent:-9999px;}.ypbox.restdivspan{background-position:05px;}.ypbox.registdivspan{background-position:-260px5px;}.ypbox.resta{background-position:0-40px;}.ypbox.regista{background-position:-260px-40px;}.ypbox.resta:hover{background-position:0-80px;}.ypbox.regista:hover{background-position:-260px-80px;}#rect-l{margin-bottom:10px;}読売プレミアムに登録された方記事の続きへ未登録の方新規登録へ

関連ニュース

中国の人権状況、国連で欧米などが懸念表明
西武の来季監督に伊原春樹氏復帰…03年以来
「米国に死を」時代遅れ?イラン標語に廃止論争

ドメイン取得一覧比較
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ