カジノ解禁、超党派議連が今国会に法案提出方針

 超党派の国会議員で作る「国際観光産業振興議員連盟」(会長=細田博之自民党幹事長代行)は23日、国会内で幹事会を開き、カジノ解禁に向けた議員立法の今国会提出を目指す方針を確認した。 11月の総会で正式に決める。 会合では、日本維新の会が今年の通常国会に提出したカジノ関連法案の一部を修正し、各党共同提出を目指すことで一致した。総会で、カジノ解禁の意義や適切な管理・運営方法など基本的な考え方をまとめることも決めた。(2013年10月24日07時45分読売新聞)

関連ニュース

米がメルケル独首相の携帯盗聴か…米、否定
「中国スタバは高いか」…米国と違う収益構造
中国紙、記者拘束で連日の当局批判…他紙も報道

求人 一覧
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ