英国のオルガン奏者、オーガーの関連作品

 英国の名オルガン奏者、ブライアン・オーガーがかかわったアルバムが、ヴィヴィッド・サウンド・コーポレーションから順次発売されている。 注目は、1960年代半ばに活動したバンド、スティームパケットの「ザ・ディフィニティヴ・レコーディングス」=写真=。後にスターとなるロッド・スチュワートが在籍し、オーガーのうねるようなオルガンを背にパワフルな歌声を聞かせる。録音時にはお蔵入りし、70年代に一部発表された音源の全貌がわかる2枚組みだ。 ほかに、60年代後半にオーガーが率いたトリニティーの代表作「ストリートノイズ」、オーガーのソロ最近作「ランゲージ・オブ・ザ・ハート」など。(2014年2月6日読売新聞)

関連ニュース

ページが見つかりません:イザ!
ページが見つかりません:イザ!
民族音楽に傾倒する日本の音楽家が集合

ブログ一覧
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ