ルーマニア人少年に無期求刑…吉祥寺女性強殺

 東京・吉祥寺の路上で2013年2月、近くに住む飲食店従業員山田亜理沙さん(当時22歳)が刺殺された事件で、強盗殺人などの罪に問われたルーマニア国籍の無職少年(18)の裁判員裁判の公判が26日、東京地裁立川支部(倉沢千巌(ちいわ)裁判長)であり、検察側は無期懲役を求刑した。 弁護側は最終弁論で家裁への再送致を求めた。判決は3月4日。 検察側は「遊ぶ金欲しさの通り魔的強盗殺人で、無期刑を回避する事情は見あたらない」と指摘。弁護側は「計画性や合理性もなく、少年院送致が相当」と述べた。 起訴状などによると、少年は日本人の無職少年(19)(強盗殺人罪などで無期懲役判決、控訴中)と共謀し、同月28日午前1時50分頃、東京都武蔵野市吉祥寺本町の路上で山田さんの背中をナイフで数回突き刺して殺害、現金約1万円などが入ったカバンを奪い、奪ったキャッシュカードで現金を引き出そうとしたとされる。(2014年2月26日20時51分読売新聞)

関連ニュース

NHK会長、全理事に辞表提出させる…日付空白
自公、「エネルギー基本計画」の党内議論開始
「閣僚適齢期」43人、イライラ…改造で配慮

ネット広告一覧比較
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ