不明マレーシア航空機捜索、範囲拡大して続く

 【クアラルンプール=梁田真樹子】クアラルンプール発北京行きのマレーシア航空ボーイング777―200型機(乗員・乗客239人)が消息を絶った事故は12日、発生から5日目を迎え、マレーシア海軍などが捜索を続けている。 地元有力紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」(12日付)などによると、マレーシア空軍幹部は、航空機は消息を絶ってから約1時間後の8日午前2時40分頃、レーダーによりマラッカ海峡・ペラック島付近で確認されていたと明らかにした。 空軍はすでに、「航空機は引き返した可能性がある」と説明している。 同紙によると、こうした情報を受けて、12日の捜索活動は同海峡から北に位置するアンダマン海まで範囲を拡大して行われる。(2014年3月12日11時56分読売新聞).ypbox{clear:both;background:url(/g3/btn_yp_bk.gif)0100%repeat-x;border:solid1px#fedcdc;text-align:center;position:relative;margin-bottom:10px;border-radius:8px;-moz-border-radius:8px;-webkit-border-radius:8px;}.ypbox.rest{width:49%;float:left;}.ypbox.regist{width:49%;float:right;}.ypboxdiv{text-align:center;}.ypboxdivdiv{width:241px;margin:5pxauto10px;}.ypboxdivdivspan{display:block;background:url(/g3/_btn_yp.gif)no-repeat;height:30px;width:241px;text-indent:-9999px;}.ypboxdivdiva{display:block;font-size:100%;font-weight:bold;background:url(/g3/_btn_yp.gif)no-repeat;height:33px;width:241px;text-indent:-9999px;}.ypbox.restdivspan{background-position:05px;}.ypbox.registdivspan{background-position:-260px5px;}.ypbox.resta{background-position:0-40px;}.ypbox.regista{background-position:-260px-40px;}.ypbox.resta:hover{background-position:0-80px;}.ypbox.regista:hover{background-position:-260px-80px;}#rect-l{margin-bottom:10px;}読売プレミアムに登録された方記事の続きへ未登録の方新規登録へ

関連ニュース

韓国情報機関、スパイ事件公判で偽造証拠提出か
OSCE、選挙監視団送らず…クリミア住民投票
韓国情報機関、スパイ事件公判で偽造証拠提出か

ラルフローレン 子供服 激安
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papi7776

Author:papi7776
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ